産後の避妊とモーニングアフターピルによる胸の違和感

産後は体力が回復していないので基本的には避妊をして妊娠を予防しなければならないのですが、コンドームの破損や予期しない形での膣内射精が起きた場合にはモーニングアフターピルを緊急避妊のために服用しなければならないのですが、産後は授乳をしなければならないので、基本的にはピルの処方はされないのですが、モーニングアフターピルの場合は処方されることがあります。ピルは女性ホルモンのバランスを変化させる薬で、授乳をしていると母乳の中に含まれてしまう可能性があるので、低用量ピルでも処方をしない医療機関が多くなっています。しかし緊急避妊に関しては行わなければ中絶をしなければならなくなるので、体に対する負担を考慮して処方されています。モーニングアフターピルは産後に服用すると授乳に影響があるとされていて、薬の説明書などにも明記されています。モーニングアフターピルと胸の違和感の関連性に関しては女性ホルモンのバランスの乱れによって胸の張りが起きることが多いので、服用している期間が長いにもかかわらず胸の張りが起きる場合には服用方法が間違っている可能性もあります。低用量ピルは服用の方法が普通の薬とは異なっていて、生理に合わせて決められているので、飲み忘れなどが起きるとホルモンバランスが乱れてしまって胸の張りや違和感、不正出血などが起きることもあるので、医師の指導に従って服用を続けなければなりません。モーニングアフターピルに関しては1度だけの服用なので体に違和感があっても対症療法をするしか方法はありません。体質によっては頭痛や吐き気が起きることもありますが、その場合には婦人科を受診して胃薬や頭痛薬の処方を受けたり、必要があれば他のタイプのピルに処方を変更します。