モーニングアフターピルの普及の遅れについて

モーニングアフターピルは非常に効果的な避妊方法なのですが、人工的に妊娠状態を作ってセックスによる妊娠を防ぐというものなので、日本では普及が遅れていたのですが、最近では処方をする医療機関が増えてきたので多くの選択肢の中からモーニングアフターピルの処方を選択する女性も増えているので、欧米に対して普及が遅れていた日本でもピルの有効性が知られるようになっています。モーニングアフターピルやその他のピルに関しては現在でも偏見が多くあるので、それによって普及が遅れているという側面も否定することはできません。間違っている認識としてはピルを服用することで吐き気や頭痛が起きるというもので、これに関しては頻度が非常に低いので副作用として症状が出るのは薬との相性が悪い女性のみなので、ピルの種類を変更するだけで改善することがあります。またピルを服用すると将来的に妊娠できなくなるという間違った考え方も多く見られますが、実際には服用経験がある女性のほうが不妊症になりにくいというデータがあるので、妊娠前の女性でも安心して服用することができます。モーニングアフターピルの普及を妨げているのは副作用で、血栓症のリスクに関しては低用量ピルに比べると高くなっていて、喫煙をしている女性の場合は5倍もリスクが高いとされているので、モーニングアフターピルの服用をやめて低用量ピルに変更する必要があります。緊急避妊法としては性交後72時間以内にモーニングアフターピルを服用する方法と中用量ピルを12時間の間隔で2回服用する方法がありますが、現在の日本ではモーニングアフターピルを服用するのが一般的になっていて、中用量ピルを服用することはあまりありません。