モーニングアフターピルの中毒域とむくみの副作用

モーニングアフターピルの中毒域は低用量ピルに比べるとかなり広範囲なので、処方をする場合には中毒症状などにも注意をしなければなりません。低用量ピルはホルモン量を急激に増やさないので中毒域まで服用する心配はないのですが、モーニングアフターピルに関しては吐き気やめまい、むくみなどの症状が出るとされている中毒域に含まれてしまう可能性があるので服用する場合には医師によるカウンセリングや説明を受ける必要があります。モーニングアフターピルの中毒症状として多いものは吐き気ですが、むくみや生理不順が起きることもあるので、これらの症状が出た場合にはすぐに婦人科を受診してモーニングアフターピルに対する対症療法の処置を受けなければなりません。またピルに関しては一般的には低用量ピルが処方されているので、副作用のリスクなどはかなり低いのですが、飲み始めにむくみなどの症状が出ることがあるので、継続して不快な症状が出ている場合には薬を変更するなどの対処が必要となります。基本的には低用量ピルで不快な症状が出る場合には超低用量ピルが処方されるのですが、それでも副作用等が起きる場合には最終的に漢方薬などを服用することになります。避妊が目的の場合にはピルを服用しないと効果がないので、超低用量ピルで副作用が出た場合には他のピルを投与して様子を見るのが一般的で、定期的な検査をしながら処方されるので副作用などのリスクを低くすることができます。モーニングアフターピルを継続的に服用するのは血栓症のリスクを考えると非常に危険なので、緊急時だけしか服用することはできません。一般的にモーニングアフターピルには通常の4倍程度の作用があるので、大量のホルモン投与による中毒症状が出る可能性もあります。