モーニングアフターピルとは?

モーニングアフターピルとは、コンドームなどを使い避妊しながら性交渉をしても、コンドームが破れてしまうなどの避妊の失敗があったり、合意の上ではない性交渉で望まない妊娠を避けるために経口で内服する緊急避妊薬です。排卵を抑えたり受精卵が子宮に着床するのを防ぐことで妊娠を予防する薬であり、中絶をする薬ではありません。WHOの調査では、モーニングアフターピルを服用した100人中98人は妊娠しないというデータがあります。使用の方法は、性交渉から72時間以内になるべく速やかにモーニングアフターピルを服用します。日本では約1000か所の施設でモーニングアフターピルの処方をしています。費用は全額自費負担となるため、保険証の提示は必要ありません。費用は施設によって変わりますが、5000円~15000円かかると言われています。
モーニングアフターピルを服用することで、副作用もあります。一番多いものは吐き気を感じることで、その次に多いのが嘔吐してしまうことです。他にも頭痛や倦怠感、イライラやむくみといった副作用がありますが、ほとんどのものは24時間以内に収まると言われ、長い場合でも数日で症状は治まります。また次の月経まで少量の不正出血が続く場合もあります。
モーニングアフターピルはあくまで緊急の場合の避妊薬です。一度きりの緊急措置のため、服用後に性交渉をするときには必ず避妊を行ってください。
モーニングアフターピルは中絶手術など、麻酔などの薬剤や高額の手術を行うより金銭的にも精神的にも負担が少ない方法ではありますが、ホルモンのバランスを一時的に崩すもののため、性交の度に避妊の方法として使うことは避けてください。

モーニングアフターピルの副作用

モーニングアフターピルは経口の緊急避妊薬です。モーニングアフターピルは服用するとことで、必ずではありませんが副作用が出る方もいます。モーニングアフターピルには女性ホルモンが多く含まれていますので、吐き気や頭痛などの症状が出現することがあり、、副作用の中で最も多いのが吐き気です。モーニングアフターピルには2種類があり、プラノバール錠とノルレボ錠ですが、後者のほうが副作用は少ないようです。
プラノバール錠は50%程度吐き気がでるのに対して、ノルレボ錠は3%と薬によって違います。現在ではどちらかというと、ノルレボ錠を用いることが多いですが、病院によって様々です。副作用は時間が経過するとともに和らいでいきますが、24時間以上続く可能性があるため、酔い止めを一緒に内服しておくとよいでしょう。医師に処方してもらっても構いませんし、市販薬の酔い止めを内服しても問題ありません。
しかし、それでも吐き気に耐えられず嘔吐してしまうことがあります。内服後2時間以内に吐いてしまった場合には、ピルが体内に十分に吸収されず、効果が発揮されずに避妊に失敗してしまう可能性があります。そのような場合には、追加でピルを飲まなければなりません。自己判断せず、モーニングアフターピルを処方してもらった病院に連絡し、医師の指示に従うようにしましょう。
副作用として他には胸が張ることもありますが、これはホルモンの影響のよるもので一時的な症状です。ほかにも、頭痛やめまい、全身倦怠感、下腹部痛、イライラ感、むくみなどの症状が現れることもあります。モーニングアフターピルは避妊の最終手段です。一時的とはいえ、女性のホルモンバランスを乱すことになりますので、薬の作用副作用を理解したうえで使用しましょう。

モーニングアフターピルはどこで買える?

モーニングアフターピルは、避妊に失敗した女性が望まない妊娠を避けるために飲むホルモン剤です。この薬は通常、婦人科医の処方によって購入することができますが、価格は10000~15000円と少し高額になっています。これは、モーニングアフターピルが現在のところ自費診療となっているためです。ですが、医師の指示を守って服用すれば、8割ほどの確率で避妊することができるため、女性であれば必ず知っておきたい薬です。
この薬は現在、通常の薬局やドラッグストア、通販サイトなどでは手に入れることができません。ただ、休日で婦人科が開いていない、もしくは婦人科が近所にない、という場合もあるでしょう。そういった人には、推奨はできませんが「個人輸入代行」でモーニングアフターピルを手に入れる方法があります。
個人輸入代行サイトが相手先としている国の中には、日本では認可されていない薬だったり、医師の処方がないと買えない薬だったりを一般向けに販売しているところもあります。モーニングアフターピルも、国によっては一般向けに販売されているため、そういった国から輸入するのです。ただし、医師の受診がいらないということは、その分だけ質の悪い薬を購入してしまうリスクが高まるということでもあり、特にモーニングアフターピルにおいては「質の低下=避妊効果の低下」という危険性となってしまいます。
代行サイトの中には本物の薬のみを取り扱っている質の良いサイトもあるのですが、そういったサイトを探すよりも、避妊に失敗した時点でアフターピルをもらいに婦人科医を受診するか、日ごろから低用量ピルを服用することで確実な避妊効果を得る方が得策といえるでしょう。あくまでも「例外」という認識で、個人輸入代行のことを覚えておくようにしてください。
●避妊に失敗したときのための避妊薬
モーニングアフターピルで妊娠を避ける
●毎月病院に行かなくても
トリキュラーは実はネットで買える